叙々苑 menu オンライン予約
close
    • JAPANESE
    • ENGLISH
    • KOREAN
    • CHINESE
  • オンライン予約
  • 店舗案内
  • 叙々苑
  • 游玄亭
  • 叙々苑キッチン
  • 叙々苑のこだわり
  • ショッピング(ご贈答用)
  • ショッピング(ご自宅用)
  • ニュース&トピックス
  • 採用情報
  • 正社員募集
  • アルバイト募集
facebook

NEWS & TOPICS  - ニュース&トピックス -

2016.12.20

第五回『焼肉のたれ のこだわり』2016.12.20

韓国が発祥と言われる焼肉ですが、現在の焼肉は、日本で独自に開発・発展を遂げてまいりました。たとえば「焼肉のたれ」。これは砂糖と醤油をベースとした「すき焼き」の割り下にゴマ油を加えたものが基本です。近年では海外でも「コリアン・バーベキュー」「ジャパニーズ・バーベキュー」と呼び名を区別して使うことが多くなっているようです。
焼肉のたれは、まさに日本の文化が創り出した味と言うことができるでしょう。

叙々苑のたれは、店舗によって味が違ったり、日によって味が落ちたりすることのないよう、叙々苑フードファクトリーで一括して作られています。
そのレシピはまさに門外不出、秘伝中の秘伝です。レシピの中身を知っているのは、社内でもわずか3人だけ。しかもふだんは、誰も見ることができないよう、鍵のかかる場所で厳重に保管されています。
こうして作られるたれは、技術と経験を備えた料理人が行う「現場での味付け」や「盛り付け」と合わさることで、そのおいしさを最大限に発揮します。
ちなみに叙々苑では、芸能界の「ロケ弁」としてもご愛顧いただいている「焼肉弁当」を販売しています。冷めてもおいしくお召し上がりいただけるよう、弁当専用に開発した たれを使用しております。

創業以来、長年にわたって研究・改良を重ねてきた叙々苑のたれが、今の味に落ち着つくには20年の歳月がかかりました。今でも基本となる味を守りながらも、改良を進めております。 「時代に合わせて常に味を進化させていかなければ、お客様を満足させることはできない」。そんな想いのもと、「もっとおいしい方法はないか」という探究の歩みをゆるめることなく、常に研究に取り組んでいます。


守るべきは、変わらない「味」ではなく、変わらない「おいしさ」である。――それは叙々苑の考え方であり、大切なこだわりなのです。